脳性麻痺に関する産科医療補償制度の補償申請について

除外基準(新生児期の要因)に関する参考事例

(1)新生児期に感染症が発症した事例

【参考事例 — 1】

在胎週数38週、出生体重2700g。妊娠後期に母体の腟分泌物培養検査でGBSが検出された。経腟分娩で出生し、異常がなく経過し、日齢5に退院した。日齢17に髄膜炎を発症し、血液培養検査でGBS陽性と判明した。GBS感染による髄膜炎は、垂直感染の可能性が高く、分娩に関連して発症したものであると考えられることから、除外基準には該当しないと判断された。

【参考事例 — 2】

在胎週数39週、出生体重2700g。胎児機能不全のため緊急帝王切開で出生した。けいれんが群発したため、日齢1に髄液検査が実施された。単純ヘルペスウィルスⅠ型が検出され、ヘルペス脳炎と診断された。また、産褥9日の母体の血液検査ではヘルペスウィルスが検出された。ヘルペス感染について、母体陽性であることから垂直感染の可能性が高く、分娩に関連して発症したものであると考えられることから、除外基準には該当しないと判断された。

ポイント!

新生児期に感染症が発症しても、それが分娩とは無関係に発症したことが明らかでない場合は、除外基準(新生児期の要因)には該当しません。


(2)新生児期に呼吸停止が発生した事例

【参考事例 — 3】

在胎週数39週、出生体重3200g。出生時に新生児仮死は認めなかった。早期新生児期に呼吸停止が発生したことから、呼吸停止による脳障害が重度の運動障害の主な原因であると考えられた。出生後に生じた呼吸停止について、頭部画像や臨床経過などから総合的に判断した結果、出生後に生じた呼吸停止は分娩とは無関係に起きたことが明らかであるとは言えず、除外基準には該当しないと判断された。

ポイント!

分娩後に呼吸停止が発生するまでの時間や新生児期の経過等から、呼吸停止が分娩とは無関係に生じたことが明らかでない場合は、除外基準には該当しません。


PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Reader® が必要です。
Adobe Reader®(無料)をダウンロード新しいウィンドウが開きます、インストールしてご利用ください。

ADOBE READERのダウンロード